ミズゴローの戯れ日記

なんやかんや

ピノオフ使用ルガゾロマッシ

どうも、ミズゴローです。

 

今回はピノオフで優勝したルガゾロマッシの紹介をしようと思います。

 

個人的に書く気なかったんすけど、フォロワーの某ガイジから解説やらしてくれと頼まれたので仕方なくやります。

 


f:id:mizugoro5555:20181029173950j:image

 

構築はこれで、まーテンプレなルガゾロマッシって感じでこれ俺が語らなくても他の強者が語ってるやろって思いますが、秘密主義なYPではなく、イキリミズゴローなので採用理由やら語ります。

 

まずなんでこれ使おうかと思った理由ですが、環境に電気とルガゾロがやらが多そうで強そうなのと、一番使いなれてるので最初は純正マッシで挑戦しようと思っていました。

 

しかし集合一時間前に、超バレ平気か?超バレ平気か?電気有利でもアサルトサンダーきついやろ?ゾロアーク入れようや!と幻聴が頭に響くようになり、シティリーグでも勝ってたから強いよと謎の天啓を受けこっちに変えました。ほんとに本番一時間前くらいです。

 

ゾロアーク入りはエアプで、全く回したことがなく不安でたまらなかったんですが、オタク特有のまーいけるっしょwみたいな感じでとりあえず友人のマッシと試しのフリーをして1-2をかましたので心臓止まりかけながら本番に望むことになりました。

 

しょうもない自分語りはこれで置いといて解説

 

 

 

プレイは序盤は相手に合わせて1エネで殴れるゾロアークマッシブーンを使い分けて、相手のポケモンを落としていきましょう。

 

この時にルガルガングズマで相手がベンチで育成しようとしてるカードを引きずり出してテンポを奪えるとなおよしです。

 

先に落とされても、ビーストリングでカウンターができるのでガンガン攻めていいです。

 

中盤はゾロアークが立ち始め、手札がのびてると思うのでアセロラククイグズマ、マオを使い分けて有利状況をキープできるようにしましょう。

 

終盤はベンチのテテフGXやらをルガルガングズマで引きずり出して適当にマッシでもゾロアークでもいいんで倒せば勝ちやろたぶん。

 

ゾロアークマッシブーンでサイド2枚

 

ビーストリングマッシブーンでかルガルガンでサイド2枚

 

〆にテテフでも何でも引き出してサイド2とれ

 

各カードの解説やら

 

ゾロアークGX

 

このデッキは基本マッシブーンGXで殴っていくんですが、超タイプだったりアサルトサンダーだったりとマッシブーンではきつい相手に対してめちゃくちゃ強く出ていけて、マッシブーンのダメばらまきで自身の微妙に足りない火力も補えるので、THE噛み合いって感じの強さです。

 

枚数は4枚は多いと感じたので3です。嘘ですお金ないだけです。

 

マッシブーンGX

 

基本アタッカーです。1エネで動けて、ククイビエネディアンシーなど火力アップで相手の進化元たねポケを滅ぼしたり、ビーストリングから突然大火力をぶちかましたりまあ色々ですね。 

 

正直2枚しか使わんし2枚でいいかなとは思うけどサイド落ち怖いからね。

 

ルガルガン

 

書いてある通りです。

 

最低一回は使いたいのでサイドに一枚落ちてもいい2枚。(こいつサイド落ち怖いって話しかしてねーな。)

 

ククイ博士

 

序盤でディアンシーマッシブーンで進化元たねを落としたり、終盤の火力調整など要らない場面がない素晴らしいカード。

 

枚数は使ってて一番使いやすかった2枚です。

 

3枚はきすぎて困ったりした。

 

アセロラ

 

実質強いポケモン入れ換えとかみたいなもん。

 

使い方は色々ありすぎて説明がしんどい。

 

よく使うのはとりひきやブラッディアイの再利用、前のアタッカーを戻して後ろの待機してたアタッカーを呼ぶ、死にかけのビエネマッシを手札に戻して別のマッシにビエネビーストリング、単純に相手の計算を狂わせる。

 

実際こいつとグズマお陰で大体の試合を拾ってるので多分一番強いカード。

 

3枚入れたい。  

 

・マオ

 

ゾロアーク式ルチアコルニ。

 

これで前述のアセロラを仕込んで次のターン使ったり、ビーストリングで突然襲ったり、ブロアーで剥がしたり何でもできる。

 

枠あれば2枚ほしい。

 

・ルチア

 

アイドル

 

・せせらぎネスト

 

合計で3

 

プリズムスタジアムとか祠とかしんどいからせせらぎ3でいいかもしれないけど、ネストはメタモンとかゾロアとか呼べる強み。

 

・こだわりハチマキ

 

非GXに腐るけどとりひきで捨てれて、対GXはほんとに1枚は引かないといけないから3でいいやってなりました。

 

おわり